イベント情報

Symposium第3回名古屋大学神経回路国際シンポジウムを開催します。 ※終了しました

2016/07/30

本シンポジウムは盛況のうちに終了いたしました。

日時: 2016年7月30日(土)11:00~17:00
場所: 豊田講堂ホール
詳細なページはこちら
 
名古屋大学脳神経回路研究ユニットでは、線虫、ショウジョウバエ、ゼブラフィッシュ、その他甲殻類などの小規模な脳神経回路を研究対象とする国内外の研究者が一同に会する『名古屋大学神経回路国際シンポジウム(Nagoya BNC)』を、『線虫神経生物学国際集会(CeNeuro2016)』のサテライト・ミーティングとして合同開催することとなりました。2008年ノーベル化学賞受賞者のMartin Chalfie教授(コロンビア大学)など、そうそうたる研究者の方々に招待講演を引き受けていただきました。ご興味のある方は、是非ご参加ください。
 
招待講演:
Dr. Martin Chalfie (コロンビア大学教授・2008年ノーベル化学賞受賞者)
    "Creating a Sustainable Neuroscience Ecosphere"
 
Dr. Eve Marder (ブランダイス大学教授)

Dr. Charles Yokoyama (理化学研究所 脳科学総合研究センター(理研BSI))    
 
Dr. Johannes Seelig (マックス・プランク研究所、ドイツ・グループリーダー)
     "Neural circuits underlying visuomotor integration in Drosophila"

この他、Whole brain imaging ワークショップ、ピアノ・チェロコンサートを予定しています。 


本シンポジウムは、グリーン自然科学国際教育研究プログラムより支援を受けて開催します。全ての方に無料で聴講していただけます。
プログラム、ポスターなど詳細はHPをご覧ください。


 
問合せ先:
脳神経回路研究ユニット事務局
E-mail: braincircuit(at)bio.nagoya-u.ac.jp  ([at]を@に変換)
 

このページの先頭へ